妊娠したい私が!早く授かりたいなら妊活第一!

妊娠したい人の妊娠する方法、葉酸やマカなどサプリについて。

*

妊活と漢方!妊娠しやすい体づくりのために

   

友人は妊活中によく漢方を飲んでいたと思います。

その子の話によると、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。
妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全性が高いのではないでしょうか。
漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は命を授かることが出来ました。

彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。妊活を行う場合、影響があるものと言えば、食事ですよね。

 

妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。

妊活中の女性はいつ妊娠しても不思議ではないですよね。

ですから、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。

中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取してもらいたい栄養素のひとつです。
妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から赤ちゃんを授かっているのです。

 

いつ妊娠するのか、それは誰にも分かりません。

 

いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみてください。妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。
胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。

厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は一日当たり0.4mgと発表されています。

これを野菜だけで摂取するのは難しいと思いますから、サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。

妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。

なぜなら、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。
この話は当然、妊活中であったとしても例外ではありません。

妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。

お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。

 

居住地の公的な助成金制度も活用できますが、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされるケースが多いです。その年で諦めろということでしょうか。
むしろ40だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。
私はもうじき40歳ですし、常に急かされているような気がして、いっそう精神的に疲れてきました。
大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。

友達はベルタから出ているサプリが一番興味あるみたいです。

サプリは妊娠前から摂取すると効果的だってテレビで見たことがありましたから、その友達に教えてあげました。友達には悲しんで欲しくないですし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって思います。葉酸 マカ サプリ

 

 

 - 妊娠したい サプリ