妊娠したい私が!早く授かりたいなら妊活第一!

妊娠したい人の妊娠する方法、葉酸やマカなどサプリについて。

*

高齢出産だと妊活の何が大変?高齢出産で気をつけないといけないこと

   

高齢出産の一番、大事なこと

高齢出産というのは、正直、以前に比べて今の方が体験をする方は増えているんですよね。以前であれば、結婚する年齢も20歳代でも前半で結婚する女性が多くて、結婚後は家庭に入る!ってことが多かったですからね。職場でも寿退社!なんていわれ方もしていましたが、今はそういう言葉すら、死語になりつつありますよね。
(最近だと、こういう言葉を投げかけられるのも、ある種のハラスメント!ってことになるのでしょうか?)

で、現代は、結婚する平均年齢も30歳前くらいにまで伸びてきて、いわゆる晩婚化傾向になっています。結婚が当然妊娠、出産も遅くなるので、高齢出産になる方も多くなる!というわけですね。

高齢出産は、母体にも危険性が伴いますし、それによってお腹の中の赤ちゃんにも何かしらの影響がでることはあります。

 

その一方で、高齢出産でも赤ちゃんを授かることができた方は、まだよいのですが、結婚してそのまま仕事を続ける方も多いと、なかなか赤ちゃんを授かるのに結婚からさらに時間を要してしまうことがあります。
そうなると、一番妊娠しやすい時期を晩婚化で逃し、しかも仕事などの関係で、さらに妊娠のチャンスを逃してしまうということにつながっている現状があります。

結婚して赤ちゃんが欲しい!妊娠したい!だけど、仕事もあるし、まだ二人だけの時間も楽しみたい!なんていっていたら、あっという間に40歳がすぐ目の前に!なんてこと。

40代になったからといって妊娠できないわけじゃないです。実際、40代でも50代でも妊娠して、出産している女性はたくさんいますからね。
ただ、健康な状態であれば、そういうことも可能ですが、妊娠しづらい体だった!って気づくのは、やはり早い方がいい。

40代になってから妊活、不妊治療というのは、肉体的にも精神的にもかなりキツイですからね。それに、40代は高齢出産になりますし、出産後の子育てというのも、若いときと違って、体力の無さを痛感したりします。

高齢出産という言葉だけでは、見えてこないいろいろなこと!っていうのは必ずあるので、そういった、言葉の陰に隠れているような部分も意識しながら婚活、そして妊活をしていきたいですね。

 - 高齢出産 , ,