妊娠したい私が!早く授かりたいなら妊活第一!

妊娠したい人の妊娠する方法、葉酸やマカなどサプリについて。

*

不妊治療を諦める、止めどき、どう区切りをつけるか

   

不妊治療はいつまで続ける?止めどきが難しい

不妊で悩むカップルの中には、体外受精や顕微授精など高額な治療費をかけて不妊治療をおこなっている人も多いですが、それで妊娠、赤ちゃんを授かることにつながればいいのですが、妊娠できない、流産をしてしまうということが続くと、精神的はもちろんですが、経済的な負担もかなり大きいです。

0-97

治療を続けて赤ちゃんを授かれる保証があればいいですが、現実的にそういうことは難しいなかで、不妊治療をいつまで続けるのか?どの時点で諦めるのか?といった不妊治療、妊活の止めどきというのが非常に難しいです。

最近は、そういった不妊治療の継続などで悩む人たちへのサポートなども行うNPO法人も増えているようです。

そういったNPO法人では、懇談会などでいろいろな悩みの相談に乗ってくれたりするのですが、その中で「不妊治療をそろそろ止めたいと思うけど、これまで不妊治療にかけてきたお金が無駄になるようで。。。」という悩みを抱えていらっしゃる方も多いようです。

治療の甲斐があればいいですが、残念ながら、不妊治療の中では、頑張った努力が報われないケースの方が圧倒的に多いです。その人たちにとっては、不妊治療をやめることは、かなりの喪失感につながります。

 

実際問題、不妊治療に関しては、多くの体験者が「不妊治療を始めるよりも、止める決断の方が難しい」と言っています。参照元⇒ 不妊治療のやめどき

不妊治療経験者の方の話などを聞くと、不妊治療を始めるときに○回で決断をする!など、あらかじめ決まり事を作っておくといい!という話があるのですが、これも、子供が欲しい、妊娠したい!という思いが強いと、最初はそう思っていても、もしかして次は!って思ったりするんですよね。

そうなるのが当たり前なので、そういうケースに陥ったからといって、自分を責める必要はありません。ただ、近くに相談できる人やコミュニティを知っていれば、そこに愚痴を言ったり、冷静になれたりします。

正直、あらかじめ決めていた回数で諦めずに、もう1回、もう1回って気持ちでやって妊娠できた!という人も、実際にいますからね。

諦める、止めどきありき!という問題でもないので、まずは夫婦のコミュニケーションを密に取りながら、冷静な第三者の声に耳を傾けて、一度立ち止まって考えるという時間は作った方がいいでしょうね!

 - 不妊治療, 不妊治療の止めどき ,